令和を記念し、一般公開版も同日公開!『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.19 令和記念・多田治ベスト総集編・著作集2 2017-19(一般公開版)

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.19 令和記念・多田治ベスト総集編・著作集2 2017-19(一般公開版)
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール発行 令和元年(2019年)5月1日刊行
drive.google.com

(もしクリックしてうまく見られない場合は、一度googleをログアウトしたり、アドレスを直接貼りつけたりなどしてみてください。)

※以下の内容は、著作権やプライバシー等の観点から、オリジナル完全版に編集加工を施してあります。その範囲内でお楽しみください。また諸事情により、予告なく改変・削除を行う可能性もありますので、ご了承願います。また本書の全内容の著作権多田治に属します。文章・写真等の無断使用はご遠慮願います。引用等の際は多田までご一報のうえ、出典をご明記ください。

目次
〔特別書き下ろし!〕 多田治の写真紀行(13)感じる都田ツアー2019:静岡県浜松市・都田建設ドロフィーズ
五島優子(渋澤ドラッカー研究会・ファルスタッフの会)+多田 治

【巻頭言】
Vol.14はじめに・自己総集編の刊行によせて:4周まわりの年男として/学問はそれ自体ひとつのカルチャーである(Vol.14)

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』創刊の辞(Vol.1)

5か月ぶり刊行!〆切後の時間経過へのおわびと釈明:4学期週2授業、概論・理論の内容・レジュメ・パワポ整備を終えて  (Vol.16)

多田ゼミと社会学をふりかえるOB座談会(Vol.13)      
中村公省(学部4期)・宮川裕陽(学部8期~院ゼミ修了)・多田 治

おとなの座談会・故郷大阪の歴史を語る―大阪歴史博物館大阪城を訪ねて―
中村忠司(博士課程)・多田 治(Vol.13)
多田治の写真紀行
(7)長崎と島原半島をゆく (Vol.13)
(8)伊勢、日本のマス・ツーリズムの原点ここにあり (Vol.14)
(9)城と街道:9 PLACES (Vol.15)
(10)金沢八景アルバム~開発と歴史の相即~ (Vol.15)
(11)石垣~西表~伊計島、2018沖縄の夏 (Vol.16)
(12)北海道:冬の札幌、夏の道東 (Vol.17) 

【観光】   愛媛・松山フィールドトリップ特集(2018.8.28-30)
坂の上の雲』とともに、明治の時空をめぐる松山旅行 (Vol.16)

江戸時代の旅・移動―街道整備でひらかれた利便性と視覚的風景―(Vol.15)

2018.12.2成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム
グローカルな視座から問う沖縄・アジア・太平洋」(Vol.17)
楽園幻想と観光開発――ハワイ・沖縄・北海道の歴史比較から (Vol.17)

ドラッカー
井坂氏単著刊行記念 付録動画特集(Vol.16)
井坂氏ドラッカー講演&多田・井坂「アイソレーションズ」復活ライブ
2018年9月17日 東京・国立 大学院ゼミ
2018年10月8日 学部講義「社会学理論」

2018.12.22 第17回渋澤ドラッカー研究会@お茶の水明治大学
ドラッカー×社会学」 (Vol.17)     105
もし社会学者が井坂氏のドラッカー本を読んだら 文章版~井坂康志著『P・F・ドラッカー マネジメント思想の源流と展望』書評~ 多田 治(Vol.17)
書評へのリプライ:鶴巻南公園の記憶   井坂康志

当日報告 井坂康志著『P・F・ドラッカー』のエッセンス~もし社会学者が井坂氏のドラッカー本を読んだら~ パワポ/レジュメ 多田 治(Vol.17)

【沖縄】タダオサム・アーカイブ
2003.10.28 琉球新報・文化面「山形国際ドキュメンタリー映画祭琉球電影列伝』の衝撃」   多田 治(Vol.15)

2003.11.12 山形新聞・夕刊「山形国際ドキュメンタリー映画祭2003が残したもの 6・完 ヤマガタでオキナワを考える」多田 治(Vol.15)

2009.7.17 沖縄タイムス「韓国・ソウルでの沖縄映画シンポジウムに参加して」    多田 治(Vol.15)

シンポジウム「沖縄映画、沖縄アイデンティティ:映画-地域/歴史研究との遭遇」(2009.6.27韓国・ソウル、KOFA) 沖縄イメージを旅する、映画編――日本の映画は沖縄をどうまなざしてきたか 多田 治(Vol.15)

カルチュラル・タイフーン2004 in 沖縄 開催リポート 多田治(Vol.17)

Inter-Asia Cultural Typhoon 2009.7.5@東京外大 7年セッション「Cultural Typhoonとクロスボーダー:軌跡の総括と未来の構想」配布レジュメ
文化の科学と政治性のクロスボーダー――Cultural Typhoon 2004 in 沖縄から  多田 治(Vol.17)

平成29年度科研費研究実施状況報告書  多田 治(Vol.15)

社会学理論のプラクティス/タダオサム・アーカイブ修士論文全文掲載シリーズ〕
表象代理機能とそこに隠されていること――ピエール・ブルデューのreprésentationをめぐる、関係性の社会学 (Vol.10-12)  多田 治
(1996年1月、早稲田大学大学院文学研究科に提出)

※こちらも合わせてご覧ください。
『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.14 多田治ベスト総集編・著作集1 2016-17 一般公開版 2018年4月発行 

drive.google.com