多田ゼミ10期生、卒論8名全員、無事に提出!

以下、全タイトルになります。みんな、誠におつかれさまでした!
「韓国の就職難について―経済発展、財閥、そして新自由主義から韓国における就職難の原因を探る―」
幻想文学のもつ日常への影響とその顕在化について―ファンタジー小説は読者の意識と行動の中にいかに生き続けるか―」
「歓楽街のまちづくりと観光〜「すすきの」の現状と課題〜」
「行政と住民の協働の在り方―長野県佐久市保健補導員会を事例として―」
「市民の構造と契機:複数的概念の理論構造」
「高学歴女性のライフストーリー研究−離職経験のある一橋OGの語りから−」
「Speciesism and Animal Advocacy: An outline of underlying mechanisms and a theory of change」(種差別とアニマル・アドボカシー:基底的メカニズムと変動理論)
「Is Every Body Beautiful? Positive Body Image Movement: Qualitative Analysis of Body Activism on Social Media」(Is Every Body Beautiful? ポジティブ・ボディイメージ運動―ソーシャル・メディアにおけるボディ・アクティヴィズムの質的分析―)