Now on release & Happy New Year! 『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.12、謹賀新年『社会学理論のプラクティス』リアクション特集号、刊行です!

新年幸先良いゾロ目の222ページ!!皆さまにおかれましては、表紙と目次をお楽しみください。(学生の名前ははずしてあります)

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.12
2018新年『社会学理論のプラクティス』リアクション特集号
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール発行 2018年1月4日刊行
目次
〔OGだより〕まさかのハートロック、「あえて」のゼミ時代

〔付録音源〕オリジナルソング「安らぎのない街で」 1990年作(大1・20歳) 作詞・作曲:多田 治 ピアノ:上出審良 1991.2.24@世田谷ガソリンアレー
〔付録音源連動企画〕
「安らぎのない街で」――90年代のアルケオロジー
アイソレーションズ(多田&井坂、考える葦たち)

感動!『社会学理論のプラクティス』
総勢17名によるリアクション大特集
〔特別寄稿〕熊本博之(明星大学准教授)
在野研究者にとっての「新しい地図」 奥津憲聖(院修士2017年修了)
春日宏紀(学部2期2010年卒)
歴史学の立場から『社会学理論のプラクティス』を読んで 
歴史動態を扱う社会学者の研究とは何か    中村忠司(博士課程)
社会学理論のプラクティス』の読者として  荒井悠介(博士課程)

社会学理論のプラクティス』と「社会学理論」授業の個人的な感想 社会学と歴史の関係性とTAの視点から    那波泰輔(博士課程)

社会学理論のプラクティス』第2部歴史篇の日本への適用・導入編―社会学的近世・江戸時代論の可能性と重要性―     多田 治

同人誌Vol.11を読んで

LAND IN INDIA

巡礼の年(後編)  井坂康志 

ポスターセッションに参加して

第68回日米学生会議 福島特別研修を通して

「方法としてのツーリスト再考」を読んで−最近の出張先で感じたあれこれ−  吉口克利(博士課程)

『芸術の規則?』を読んで 

闘う女――空港へお出迎えの13時間から見るTFBOYSファンの実像

ゼミ論中間報告:東京と『10+1』

〔日本都市社会学会大会2017年9月10日発表資料〕
〈空〉間が〈生〉間になるとき――東京イベントスペース分析2017 ?   小股 遼(博士課程)

植民地期金剛山の観光開発

〔コンテンツツーリズム学会第5回論文発表大会 2017年11月25日発表資料〕
大河ドラマを活用した観光・シティプロモーションについて−『おんな城主 直虎』舞台地の浜松市を事例として−   中村忠司(博士課程)

〔フィールドワークノート〕
上田市を舞台にした映画コンテンツの考察及び、信州上田フィルムコミッション エキストラ登録者調査結果   吉口克利(博士課程)

〔調査法文献レビュー〕
『〈社会〉を読み解く技法 質的調査法への招待』
『インタビューの社会学 ライフストーリーの聞き方』

ワンダーランド 第六章 劣等感を喰らう怪物〜異次元からの移住者〜   鳥居秀祐 

卒業論文全文掲載シリーズ〕
音楽を「書く」場―ロック雑誌と音楽ライター(6・第一部完結)

社会学理論のプラクティス/タダオサム・アーカイブ修士論文全文掲載シリーズ〕
(1996年1月、早稲田大学大学院文学研究科に提出)
表象代理機能とそこに隠されていること――ピエール・ブルデューのreprésentationをめぐる、関係性の社会学(3・完)  多田 治