成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム 「グローカルな視座から問う沖縄・アジア・太平洋」 開催日:2018.12.02

このたび成城大学グローカル研究センター主催で下記シンポジウムを開催いたします。みなさまご参会いただけますよう、ご案内申し上げます。なお参加申し込みは不要です
*本シンポジウムは文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」の一環として開催されます。

成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム

グローカルな視座から問う沖縄・アジア・太平洋」

成城大学グローカル研究センター主催シンポジウム「グローカルな視座から問う沖縄・アジア・太平洋」

日 時:2018年12月2日(日)14:00-17:00
会 場成城大学 3号館3階 大会議室 成城大学へのアクセス小田急線「成城学園前」下車徒歩4分)
主 催成城大学グローカル研究センター(CGS)
使用言語:日本語

お問い合わせ先:

成城大学 グローカル研究センター
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1497 FAX:03-3482-9740
E-mail: glocalstudies[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

シンポジウム発表者題目:

1.熊本博之(明星大学):
  「沖縄における自治のゆくえ——無化される民意と辺野古集落の孤立」
2.多田 治(一橋大学):
  「楽園幻想と観光開発——ハワイ・沖縄・北海道の歴史比較から」
3.知花愛実(ハワイ大学):
  「沖縄とハワイ——トランスパシフィックネットワーク構築の動向と可能性」
4.西原和久(成城大学):
  「沖縄と東アジア共同体論——トランスナショナルグローカル研究の意味」

司会:趣旨説明:コーディネーター 西原和久

企画趣旨

基地問題をはじめとする沖縄の諸問題に焦点を当て、グローカルな視座から、分断状況にある(北)東アジアの平和と新たなトランスナショナル・ネットワーク形成の可能性を考察し、未来に向けた問題解決への道を探る。

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』16号、p.4-5、多田の巻頭言の全文を公開いたします(一部修正・改変あり)。ご笑覧ください。

巻頭言 5か月ぶり刊行!〆切後の時間経過へのおわびと釈明:4学期週2授業、概論・理論の内容・レジュメ・パワポ整備を終えて  多田 治
長らくお待たせしました。『多田ゼミ同人誌・研究紀要』、待望の16号をお届けします。皆さんには原稿を9月下旬に出してもらいましたが、秋学期の週2授業「社会学理論」が始まり、その準備に追われて全く手がつけられないでおりました。今年は5年ぶりの科学研究費補助金の申請作業もあったので、10月は非常にハード、毎日〇時間(裁量)労働、1日も休めない状況が続きました。
実は〆切時点で、およそこうなることもわかっていたのですが、9月中の〆切は、皆さんの作業上の便宜も考え、それぐらいの時期に一度設定したほうがいいだろうと判断してあったのです。とはいえ、せっかく〆切に間に合わせて出してくれたのに、長らく先延ばしにして、申し訳なく思っています。その間、私はずっと心苦しい気持ちでいました。静かに待っていてくださった皆さん、誠にありがとうございます。
今年は他にも複数、重めの役職を抱えてしまい、そこへ週2授業だから、時間的にも気持ち的にも余裕のない日々が続きました。でも11月に入り、学期も変わったので、一つずつたまった仕事を片づけていけそうです。
☆         ☆         ☆
もう20年近くこの仕事を続け、毎年授業をやってきているはずなのに、なぜいまだに、こんなに授業準備に追われているのか?ふと我に返り、自問することもしばしばでした。4学期制になって2年目ですが、従来は社会学理論の担当のみのところ、昨年度から新カリキュラムで社会学概論も担当、負担が増えました(非常勤講師カットも影響)。かつての理論の内容を2つに割りました。加えて昨年の夏~秋には急ピッチで『社会学理論のプラクティス』を編集・刊行(1周年おめでとう!)、社会学理論のテキストにしました。ですがまだまだ1年目は未整備な点も多く、正直あら削りでした。そのため今年は夏~秋学期の期間、6月からずっと授業のコンテンツと教材を整備する作業が続きました。
難解と思われがちな社会学の理論や学説、歴史への視点を、どうすればもう少しわかりやすく伝え、親しみをもってもらえるだろうか。この5か月、いろいろ新しいやり方を試してみて、わりとうまく行ったんじゃないかと思ってます。
特に大きな変革が3つぐらいあって、実はいずれも本同人誌と関係しています。第一に、全内容に関してテキストとレジュメ(10.5⇒12ポイントに移行)だけでなく、パワーポイントを作成・導入しました。その際、ほとんどのスライドごとに写真・図を貼りつけ、ビジュアルに前へ引きつけ、理解や関心を視覚的に促す方向を目指しました。これは本同人誌のこれまでの経験で私がすでに、写真や図を多用しながら文章を書いていく習慣を確立してきたことも影響しています。何か見せながら語る形でないと、自分が気持ち悪いというか、足りない感覚をもつようになりました。IT化が進んだ今日、私たちは日々端末で文字を読む比率が高まっています。純粋に文字だけを読む比率は下がり、諸々の写真や動画、絵などと合わせて文字に目を通すのが普通になっています。そして一度進んだこの流れは、もはや二度と逆戻りはしないでしょう。パワポ・レジュメ・テキストの3段がまえ、ちょっとサービス過剰という気もしますが、自分に課した課題は、一応最後まで全部やり通しました。最後は時間の貯金がなくなり、もうギリギリの完成だったのですが。 

f:id:tada8:20181118095849p:plain

第二に、本同人誌の私が書いた文章を、中間レポート教材に使ったこと。概論には14号総集編を、理論にはその後の文章を使い、(歌も含め)ジャンルも多様な非アカデミックの記事を活用したことで、観光の写真紀行や江戸・明治の歴史もからめて具体的な話題を豊富に持てたのは、大きかったですね。昨年度まで『多田ゼミ同人誌』は、ゼミの人だけが読める雑誌ということで、ほとんどの学生にはよくわからない、疎遠なものにとどまっていました。14号で多田総集編を出したことで、思わぬ一般的な用途が見出せました。歌も出すのは相当恥ずかしく勇気が必要でしたが、井坂さんと生ライブまでやるに至ったのですから、もう怖いものはありません。(笑)
第三に、学生の感想カードを毎回きちんと全部読み、次の回に共有価値の高い分を紹介する時間を毎回設けたこと。それまでは長年、TAの人にその作業はお任せでした(研究優先のため、として)。週2回100人全員分を読むのは結構キツイのですが、みんなの思考や関心がよくわかるし、何より自分が勉強になり、学生との距離も近づく(感想紹介の際は教壇にとどまらず、教室を歩き回りながらを心がけています)。学生たちも、他の人が何を考えているのか参考になるし、その時間が好きな人も多かったようです。中間レポートの紹介もいくつかして、これがまた好評でした。そういうレポートのフィードバックを得る機会も少ないらしく、「社会学的な考察」で他の人が何をどう書くかがわかると、参考にもなった様子。期末レポート採点はまだこれからですが、月木午前の授業が来週からないと思うと、正直ホッとする思いです。まずはこの16号を、急いで皆さんに届けます。

Now on release!!『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.16「5か月ぶり、長らくお待たせロング激務ロードクリアー号」刊行です! 今回も堂々、内容充実の222ページ!皆さまにおかれましては、表紙と目次をお楽しみください。(学生の名前ははずしてあります)

f:id:tada8:20181104070428p:plain

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.16
5か月ぶり、長らくお待たせロング激務ロードクリアー号
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール発行 2018年11月3日刊行
目次
巻頭言 5か月ぶり刊行!〆切後の時間経過へのおわびと釈明:4学期週2授業、概論・理論の内容・レジュメ・パワポ整備を終えて    多田 治

刊行! 井坂康志著『P・F・ドラッカー マネジメント思想の源流と展望』文眞堂 2018年10月3日刊

井坂氏単著刊行記念 付録動画特集
井坂氏ドラッカー講演&多田・井坂「アイソレーションズ」復活ライブ
2018年9月17日 東京・国立 大学院ゼミ
2018年10月8日 学部講義「社会学理論」
New Spring/自然―生まれて初めて/夏―私はひとり/都会のワンルーム/弓と弦と/まっしぐらに歌おう (すべて作詞・作曲:多田治、1990-92年作)

〔OGだより〕多田ゼミでの学びが仕事を通して新たな認識に
〔OBだより〕職業について 

多田治の写真紀行(11)石垣~西表~伊計島、2018沖縄の夏  多田 治

愛媛・松山フィールドトリップ特集
松山ゼミ旅行体験記
松山―食、文化、歴史、そして人財の宝庫をめぐって 
松山フィールドトリップを振り返って ミニゼミ座談会@松山空港
ホームタウンの歴史探訪
坂の上の雲』とともに、明治の時空をめぐる松山旅行   多田 治

韓国留学「途中」体験記

〔就職活動2018リポート〕
私の就職活動体験記…?
就職活動体験記
Uターン「シューカツ」体験記

TFBOYS5周年記念コンサートに行ってきた   

イメージフォーラム・フェスティバル2018参加レポート

沖縄社会学会、行ってきました

『関係人口』 観光でも定住でもない地域の新たな人口対策-観光周辺領域のトピックとして-      吉口克利(博士課程)

大阪観光大学「紀要」Vol.18. 2018.3掲載】
物語を背景としたフードツーリズムのインパクト――韓流ドラマ『星から来たあなた』のブームを事例として――       中村忠司(博士課程)

『鉄道への夢が日本人を作った』、『知の総合をめざして』の講読を通じて  荒井悠介(博士課程)

【研究法・調査法文献レビュー】
日垣隆『知的ストレッチ入門』
『質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方』

2018年度 アーカイブズ・カレッジ

「象徴的支配」の事例としての日本の栄典制度に関する研究―ブルデューの理論をつうじて―

秘蔵版ブルデュー貴重資料・地域アイデンティティ

卒業論文全文掲載シリーズ〕
高学歴女性のライフストーリー研究-離職経験のある一橋OGの語りから-(3)

〔連載開始!修士論文全文掲載シリーズ〕
(連載開始にちなみ、2016年3月刊行のNo.2より再掲載)
卒業に際して~2年間を振り返る~  小林ジェームス
川越一番街商店街におけるまちづくりと観光―実践から問い直す観光まちづくり―(1)   小林ジェームス(2016年修士修了)

アントニー・スミス『ネイションとエスニシティ』日本版!〕
天孫降臨!皇祖神・天照大御神の孫は、九州のどこに降り立った?(前篇)  上出審良

Now on release!! 『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.15、刊行です!

今回も堂々、内容満載の201ページ!フレッシュな新年度参加メンバーをはじめ多数の皆さんが、楽しく濃密な原稿を寄せてくれています。皆さまにおかれましては、表紙と目次をお楽しみください。(学生の名前ははずしてあります)

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.15 2018年度スタート号
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール発行 2018年6月1日刊行
目次
〔OBだより〕社会学理論を学生時代に学ぶということ:ゼミの思い出を振り返って  (学部ゼミ8期・2016年卒)

〔速報!就活予定者必読!就職活動2018リポート〕
就職活動の考え方

〔連載寄稿連動・付録動画1〕 
オリジナルソング「Return to Tokyo」 1990.9秩父合宿/91.2.24@世田谷
詞・曲・歌:多田 治 ピアノ:上出審良 1990年作(大1・20歳)

今、猛烈に君を愛す〜多田治君と共に過ごした時代〜(2)1990年春「早稲田フォーク村」新歓   三木省吾(わせだフォーク村OB・大学職員)

〔三木さん原稿・歌・フォーク村・90年代へのコメント沢山!〕
同人誌13号、14号を拝読して   荒井悠介(博士課程)

〔1990年、多田治東海道中膝栗毛
オリジナルソング「Return to Tokyo」歌詞(1990.8)

〔速報!5.29関東学院大学社会学理論のプラクティス』特別講義リポート〕
社会学を身近にする授業   永山聡子(博士課程)
〔付録動画2〕https://www.facebook.com/osamu.tada.37/videos/1676387749081703/

〔5.29関東学院大学社会学理論のプラクティス』特別講義・配布レジュメ〕
学問とは、認識とはそれ自体、エキサイティングなひとつのカルチャーである    多田 治

超速報・多田治の写真紀行(10)
金沢八景アルバム〜開発と歴史の相即〜    多田 治

院ゼミ 新M1メンバー紹介

学部ゼミ 新3年メンバー紹介

多田治の写真紀行(9)城と街道:9 PLACES  多田 治

江戸時代の旅・移動―街道整備でひらかれた利便性と視覚的風景―  多田 治

研究法・調査法文献リスト2018年版
多田治 supported by 荒井悠介・熊本博之

近刊!井坂康志著『ドラッカー――視軸と展望

多田ゼミ同人誌を読んで Vol.13 那波泰輔/中村忠司(博士課程)
Vol.14  須田佑介(社会学博士、2018年3月取得)

輪読テキスト『鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム』を読んで

〔鉄道エッセイ〕 中国の列車

新M1卒業論文要旨
観光学部生の進路選択について−持続可能な観光を目指して−
ポスト社会主義国ルーマニアにおける映画政策の展望について−ソーシャル・キャピタルと文化政策としての映画−
刑事施設収容者の国際人権保障

新M1修士論文要旨
沖縄県護国神社の創建と再建の過程に関する研究
中日国語教育における「読むこと」の授業の比較研究
アングロ・ノルマン「王国」の変容:1066-1135

大阪観光大学観光学研究所年報「観光研究論集」Vol.16. 2018.3掲載(写真追加版)〕
中国と香港における日本のアニメーションの現状について―中国国際動漫節と香港動漫電玩節を事例として―   中村忠司(博士課程)

論文要旨
中国における漫画とアニメの発展に関する一考察:
「建国後〜1980年代末」を中心に

文化政策における映画上映振興策

タダオサム・アーカイブ
2003.10.28 琉球新報・文化面「山形国際ドキュメンタリー映画祭琉球電影列伝』の衝撃」   多田 治

2003.11.12 山形新聞・夕刊「山形国際ドキュメンタリー映画祭2003が残したもの 6・完 ヤマガタでオキナワを考える」  多田 治

2009.7.17 沖縄タイムス「韓国・ソウルでの沖縄映画シンポジウムに参加して」   多田 治

シンポジウム「沖縄映画、沖縄アイデンティティ:映画−地域/歴史研究との遭遇」(2009.6.27韓国・ソウル、KOFA)
沖縄イメージを旅する、映画編――日本の映画は沖縄をどうまなざしてきたか   多田 治

卒業論文全文掲載シリーズ〕
高学歴女性のライフストーリー研究−離職経験のある一橋OGの語りから−(2)

〔3年ゼミ論全文掲載シリーズ〕
中心市街地の現状と展望〜新潟市古町(ふるまち)の事例から〜(2)

〔連載8回、ついに完結!卒業論文全文掲載シリーズ〕
音楽を「書く」場―ロック雑誌と音楽ライター(8・第二部共著後編・完結)  常安郁彌(学部4期2011年卒)

『日本春歌考』―「慰安婦」問題、うた、声との向き合い

平成29年度科研費研究実施状況報告書   多田 治

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.14 多田治ベスト総集編・著作集1 2016-17、一般公開いたします。

ご関心がおありの貴重な方がいらっしゃいましたら、お楽しみください。(ただし以下の内容は、著作権やプライバシー等の観点から、オリジナル完全版に編集加工を施してあります。その範囲内でお楽しみください。また本書の全内容の著作権多田治に属します。文章・写真等の無断使用はご遠慮願います。引用等の際は多田までご一報のうえ、出典をご明記ください。また、もしクリックしてうまく見られない場合は、一度googleをログアウトしたり、下記アドレスを直接貼りつけたりなどしてみてください。)

『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.14 多田治ベスト総集編・著作集1 2016-17(一般公開版)
一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール発行 2018年4月21日刊行
(一般公開版・目次)
Vol.14はじめに・自己総集編の刊行によせて:4周まわりの年男として/学問はそれ自体ひとつのカルチャーである    6

〔特別書き下ろし!〕 多田治の写真紀行(8)
伊勢、日本のマス・ツーリズムの原点ここにあり  8

【付録】
〔Vol.7付録音源〕オリジナルソング「輝いてた頃」詞・多田 治 曲・上出審良
1988(昭和 63)年 7 月@四條畷高校音楽室(高校 3 年・18 歳時)

〔Vol.8付録音源スライド1〕「Live the Time」(就活・卒業ソング)1993年作
詞・多田治 曲・上出審良 2017.3.19@成田・若松旅館 井坂康志さんと新録音

〔Vol.8付録音源スライド2〕「同じものを求めて」1987年作
詞・多田 治 曲・上出審良 1991.2.24@世田谷ガソリンアレー(大1・20 歳)

〔Vol.9付録動画〕論文の構成のしかた 2010.10.25院ゼミ

〔Vol.10付録動画〕2017年6月5日 多田治担当「社会学概論」 開講の辞

〔Vol.12付録音源〕オリジナルソング「安らぎのない街で」90年(大1/20歳)
作詞・作曲:多田 治 ピアノ:上出審良 1991.2.24@世田谷ガソリンアレー

【巻頭言・編集後記】
『多田ゼミ同人誌・研究紀要』創刊の辞(Vol.1)   14
編集後記:奢侈としての学問・同人誌(Vol.2)  17
はじめに(Vol.3)   19
編集後記:ルーツ(roots/routes)根と道(Vol.4) 21
編集後記:可能態としてのオーディエンスに向けて(Vol.5) 23
編集後記:We are still ON THE ROAD.(Vol.6) 25
編集後記:「激務ロード冬の陣」真っ只中の1周年7号刊行(Vol.7) 28
むすびにかえて(Vol.8)    29
編集後記 10号到達を迎えて:続けていくということ(Vol.10) 30

【音楽】
〔付録音源連動〕若き日のオリジナルソング歌詞選(Vol.5)  31
オリジナルソング“Christmas for you”歌詞(1990.12)(Vol.6)  35

多田治はいかにして多田治になったか:井坂康志氏によるインタビュー(Vol.10) 36

「安らぎのない街で」――90年代のアルケオロジー(Vol.12)
アイソレーションズ(多田&井坂、考える葦たち)  41

リハビリ音楽論・浜田省吾―ソロ40周年・『J.BOY』30周年によせて(Vol.6)52

刊行!『社会学理論のプラクティス』
同時ダブルリリース記念 コラボ・スピンオフ企画(Vol.11) 64
別様にありえた・可能態としての表紙B案    65
「近刊検索デルタ」フィーバー     66
もうひとつの・執筆者それぞれの「あとがき」
同人誌版あとがき:予想外に自分の来た道を振り返る作業  多田 治  67

社会学理論のプラクティス』第2部歴史篇の日本への適用・導入編
社会学的近世・江戸時代論の可能性と重要性―(Vol.12)   69

【観光】
観光と食の中国揚州 舌で味わう中国揚州リポート(Vol.2)   74

八重山写真帖’16(Vol.5)    82
富良野・美瑛・札幌写真帖(Vol.5)   85
〔タダオサム・アーカイブ〕10歳、初の北海道旅行1980:
エースJTBロイヤル一周6日間の記憶(Vol.5)  90

多田治の写真紀行
(1)タカラヅカ、象徴資本の集積地(Vol.8)   92
(2)?特攻?を想像する―鹿児島、知覧・指宿・鹿屋への旅―(Vol.8) 95
(3)産業の光と影を観光する―四日市・名古屋訪問記―(Vol.8)  102
(4)数年ぶりの本部半島・海洋博公園(Vol.9) 107

学会報告・第88回日本社会学会大会「観光の社会学」部会(2015.9.19)
観光の社会学(1)観光で社会をとらえる視点と手法の深化─北海道と沖縄への歴史的アプローチから─(Vol.1)     111

方法としてのツーリスト再考―東浩紀の観光論とマキァーネル『サイトシーイングの倫理』の検討から―(Vol.10)  116

【沖縄】
タダオサム・アーカイブ
2006.5.29 琉球新報文化面5月時評「沖縄から遠く離れて」(Vol.2)131

2006.8.31 沖縄タイムス文化面 沖縄イメージの系譜と現在・下
ツーリスト的目線の逆用(Vol.9)   133

2012.5.28-29 沖縄タイムス文化面 復帰40年 時の標(11-12)
沖縄イメージ 上・下(Vol.9)   135

2009.5.4 沖縄タイムス文化面 リゾートと伝統文化(2)
多面的視点養う好機に 観光をとらえ返すヒント(Vol.9) 139

ブルデュー
書評・ブルデュー&ヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』藤原書店 (『週刊読書人』2007.5.4 掲載)(Vol.3) 141

(1997年『社会学年誌』38号、早稲田社会学会より)
ブルデューにおける「象徴」権力の視座(Vol.4) 143

(1996.11.23 第69回日本社会学会大会 研究報告)
ウェーバー宗教社会学ブルデュー的転換の可能性――祭司・預言者・平信徒の相互作用と「場」の理論(Vol.11)  158

平成27年科研費研究実施状況報告書(Vol.3)   167
平成28年科研費研究実施状況報告書(Vol.9)   169